REALize group.

想いを”カタチ”にする。
社宅代行サービスから不動産相続・資産管理まで
お客様を第一に考え、
サービスの向上に努めてまいります。

想いを”カタチ”にする。
社宅代行サービスから不動産相続・資産管理まで
お客様を第一に考え、
サービスの向上に努めてまいります。

社宅計画

各種社宅管理業務の代行サービスを行っております。
全国主要都市部をメインに各企業のこんなサービスあったらいいのにの声に手が届くサービスを作っていく。
企業様ごとのデータ管理・ご要望への対応や、豊富な物件紹介など幅広いサポートでしっかりと対応いたします。

詳しくはこちら

相続計画

「価値がわかりにくい」「分けにくい」「専門的な知識が必要」といった扱いの難しい不動産資産の相続は、不動産のプロである私たちにご相談ください。
いざというときに「もめない」不動産相続対策を弁護士、税理士など各種専門家と連携し、お客様それぞれの資産の最適化をご提案いたします。

詳しくはこちら

資産計画

個人、法人に関わらずお客さまの不動産資産の市場調査、査定書の作成、資産最適化を図るための提案をさせて頂きます。土地だけではなく建物を含めた活用に踏み込み新規建築、リフォーム工事の提案から、個人のお客さまには金融機関と連携して住宅ローン、リフォームローンの提案まで、法人のお客さまには金融機関の紹介から不動産事業計画書のお手伝いまでいたします。

詳しくはこちら

外食計画

街の賑わいと笑顔を創る店舗でありサービスを創造し続ける。
店を出るときに今日来てよかったなと思っていただける。
そんな店づくりをコンセプトにハードからソフトまでトータルで提案致します。

詳しくはこちら

ごあいさつ

想いを”カタチ”にする。
いつもサービスの向こう側には人(お客様)の想いがあります。
その想いをくみ取りカタチにできたときに笑顔と信頼を頂くことができます。
それができる企業こそが社会に貢献できる企業だと信じています。
弊社及びグループ会社は、相続計画としてお客様の相続を不動産の分野からサポートしていくことからスタートいたしました。案件ひとつひとつが一定ではなく多岐にわたり全く違う対応をしていかなければなりませんでした。ボタン一つの掛け違いが全く違う結果を生んでしまうものでした。そこで感じたのは、いかにクライアントの想いを理解するか、理解した上でのいかに様々な提案をすることができるかということでした。
この事は弊社及びグループ会社が行うすべての事業に共通しています。
見えにくいものを見えやすく、わかりにくいものをわかりやすくする資産計画。
会社の働きやすい環境を共に作っていく社宅計画。
食を通じて街の賑わいと笑顔を創る外食計画。
これからも笑顔と信頼をいただきながら一歩一歩前へ進んでまいります。

REALize group. 代表 國本 政雄