資産計画

不動産の数値化を行います。

調査を行い数値化した価格を導き出し書面にて開示する。

資産には大きく分けて現金、証券、不動産の3種類があり、それぞれに長所短所があります。それぞれの長所短所を理解しこの3種類をバランスを取りながら資産形成をしていくことが良いといわれています。

不動産の長所は現物なので無くなることがないところ、短所は現金化が難しいところにあります。
土地の価格だけでも地価公示価格、路線価、基準地価、実勢価格等様々な土地の価格をうたったものがあり、それに加えてその土地の上に建物があって、その全体での価値を導き出すことは非常に分かりにくいことになっています。
資産計画では不動産に焦点を置き、不動産資産の短所である「現金化が難しい」というところを克服する為、まずは「見えにくいもの」を「見えやすく」、「わからないもの」を「わかりやすく」へしていきます。

適正な活用を導き出す。

土地の形状、大きさ、施行法令などや建物の建築種類、施工方法、施工時期などを加味して対象不動産資産でできることをすべて提案し、その中から所有者が最適を選択する環境を作ることが一番だと考えています。常にお客さまの側に立ち共に選択したことに対する不安をひとつひとつ解決していき安心と自信を持った将来に向けての不動産資産の活用を実現させます。

活用実現へのアプローチ。

活用の計画が決まればそこに向け現実化する過程へのアプローチが必要となります。その一つには準備しなければならない資金もあるでしょう。
資産計画では金融商品を考えたうえでの金融機関の選定もさせて頂きます。他には、建設コストについても目的の建築物を得意とする施工会社の推薦や選定を行います。
場合によっては建築工事の競争入札を執り行い適正コストでの建築施工ができるようにしていきます。そして活用における運営面に対してもコストの適正化を提案することができます。

ご相談・お問い合わせはこちら